Voice



当社のお客さまのご感想をまとめてみました。

鈴木様 / 30代・美容室経営

kamiken-san2

実は私には「専属スタイリスト」がいます。ちょっと前までは、ファッションにスタイリストをつけるなんて【芸能人か!?】なんて思ってましたが…それが間違ってました(笑) ヘアスタイルもそうですが、服選びにもプロの「知識や技術」が必要なのです。

芸能人みたいに華がない人こそ、容姿や体型をカバーしたり、「相手にどう見られるか?」を考えなくちゃいけないからです。ビジネスマンなら、外見で見込み客に「どういう印象を持たれるか?」はとても重要なポイントです。つまり、ファッション一つでも売上や利益を増やすことも可能なのです。

さらに言うと、服選びすら外注化することで経営者の時間も有効に活用できます。ちなみに、ショップ店員は「販売員」ですからコーディネートのプロではないです。余計なものまで買わされますし。笑 その点プロに頼むのがもっとも効率的で、最大の効果が見込めるように思います。

田中様 / 40代

voice

2015年に初めて大山さんのスタイリングを受けてから、僕の日々の生活に大きな変化が訪れました。ラジオに出演したり、各業界で活躍する友人が増えたり、食事に誘ってもらえる機会も増えました。元々フットワークは軽い方ではあったのですが、ファッションを変えてからの周囲の変化はめざましいものがあります。

「ファッションには内面を変える強いパワーがある」それが僕が今一番感じていることです。人と会うのが楽しくなりますし、服を選ぶのも楽しく感じるようになりました。今まで苦痛だったファッションが楽しみに変わり、喜びに変わる。これは大きな変化だと思っています。

それなりの出費にはなりましたが、長い人生においてずっと関わり続けるファッションに大きな変革が訪れることでこれからの生活はまるで違うものになります。そう考えれば、決して高い出費ではありません。

僕は色々なセミナーや講演にも足を運びますが、内面を変えるのにはやはり時間が掛かります。そう簡単には人は変わらないものです。ところがファッションはたった1日で変わります。そして人から褒められることで、どんどん内面が変わっていくのを実感します。

最速で内面を変えるためには、ファッションを変えて、たくさん褒められて、自己肯定感を高めるのが一番の近道なのだと僕は感じています。

大木様 / 40代・カウンセラー

ookisan

私が大山さんのスタイリングを初めて受けたのは2012年の春でした。その頃私はまだ会社員をしていました。将来独立したいという思いはありつつ、なかなか一歩を踏み出せない状態でした。そんな時、まずは自分に自信を付けるために、見た目から変えてみようと覚悟を決めました。

思い切って大山さんのスタイリングを受け、外見が変わったことで自分の心境に大きな変化が起きました。内側から自信が湧いてくるような感覚です。日頃から立ち振舞いが変わり、少しずつ自分の内面も変化したような気がします。周囲からも「雰囲気変わりましたね」と褒められる機会が増えました。

最初のスタイリングをきっかけに、大きくセルフイメージが高まりました。それから数年して、会社員生活に終止符を打ち、独立をしました。その際にも大山さんのスタイリングを改めて受けました。

2回目のスタイリングでは、コンサルタントとしての私のブランディングに合うように新しいファッションをご提案していただきました。「どんな自分になりたいのか」を明確にしながら、ファッションで新しい自分を表現してくれるのが大山さんの強みだと思います。

お陰様で、自分の立ち位置も明確となり、独立後も理想的な生活を手に入れています。これからもお世話になりたいと思っています。ありがとうございました。

駒崎様 / 30代・NPO法人代表

komazaki

実は数年前に、お世話になっている経営ストラテジスト( 坂之上 洋子 さん )から、「駒崎くんはさ、テレビとか出る人なのにさ、あまりにも服装とかイマイチなんだよね。なんていうか、田舎のホストみたいなんだよね」というショッキングでありつつ本質を突いたコメントを頂いたことがあります。

その時は、「いや、僕、本当に服装とかってどうでも良いですし。政府が人民服支給してくれるんだったら、喜んで着るタイプっす」と開き直りました。

が、確かに普段服装とかどうでも良いと思っていると、取材とかテレビ収録とかそういった機会に、つい「うわー、だるいわ」って思っちゃうんです。自信もないし、服考えるのも面倒臭いし。

そもそも制服が義務の男子校だったんで、あんまり服について考えないで良かったし、女子もいないから制服をお洒落に着崩すことも必要なくて、フリマ以外で服買ったのは大学入ってからだったわけで、どう服買って良いか、分からないわけです。

そこで洋子さんから紹介して頂いたのが、スタイリストの大山さん。大山さんは僕の買い物につき合ってくれ、一から教えてくれたのですが、これがもう目から鱗。

服に気をつかうって、チャラいし面倒くさいし金掛かるし、良いことないじゃん、っていう僕の偏見が洗い流されました。旬さんが選んでくれた服は、小洒落ているわけでもことさら高いものでもなく、「普通のもの」だったのです。サイズに合った、普通のものを、ちゃんと着る、ということであったのです。お陰でその後、服を買ったり着たり、テレビに出たりすることが苦痛ではなくなりました。

村上様 / 40代・会社員

murakamisan

30代後半から薄毛に悩んでいました。自分に対してどんどん自信が無くなり、人と会うのも億劫に感じるようになりました。コンプレックスを克服するために、様々なことにチャレンジしましたが、どれもしっくりこず。今回はその一環としてファッションを改善したいと思いました。

これまでにも帽子を被ったことはありましたが、ファッションの一部として被ることはありませんでした。正直、最初は見慣れませんでしたが、よくよく見てみると帽子をかぶっている人はたくさんいますし、だんだんと見慣れてくるのですね。不思議な感覚でした。

また、眼鏡という選択肢があることにも驚きました。このスタイルでしたら、確かに薄毛ということは忘れてしまいますね。何だか別人に変わったような気がしています。自然と胸を張れるようになりました。

今までファッションは派手にした方が良いとばかり思っていましたが、今回このようなベーシックな服に小物を取り入れることファッションが大きく変わるということを知れたのは大きな収穫です。

少しずつですが、自分自信が持てるようになり、あまり薄毛のことばかりが気にはならなくなりました。どんどん帽子にも慣れていきたいと思います。

村田さま / NPO法人代表・30代

20160106205730

仕事をしていて、人前に立つことが多くなってきて、その時々の状況に合う服を考えるのに、困っていました。そんな時に、大山さんをご紹介頂きました。

お会いする前は、「ダメだしをされるんじゃないか」とちょっと不安だったのですが、お会いしてすぐに、丁寧な接し方と、仕事に対する真摯な態度に「この人なら信頼できる!」と思い切っておまかせしました。

買い物を通じて面白かったのが、サイズ感と色でした。同じジャケットでも1つサイズが違うだけで印象が全く変わります。

そして普段選ばないような色であっても意外とマッチしてこれまでの違う印象を与えてくれました。こういった感覚を覚えられたのは、とにかくなんでも試着してみたからでしょうね。見ると着るでは全然違いました。

今回の買い物はこれからのファッションのスタートだと感じています。プロにお願いしたからこそ、立てたスタートだと思います。これをうけてこれからの自分がどんな服を選んでいくのか楽しみです。

早川様・30代・プロインタビュアー

hy

起業してからビジネスに没頭しすぎてファッションをないがしろにしていた私。いつもお決まりのジャケットとシャツ、パンツ。そして仕事柄ノートPCや本を持ち歩かざるを得ないため背中には大きなリュックサック。まさに「平成の二宮金次郎」状態でした(笑)

何とかこの状況を脱したかったのですが、自分で選んだ服はいつもパッとしない。かといって作り込みすぎた格好もしたくない…  そんなとき知ったのが大山さんでした。

サイトを一目見て「この人に頼むしかない!」直感でした。5分後にはメッセージ送っていましたね(笑)

いままで一度も会ったこともない人に、しかもネット経由でお仕事をお願いしたのはいままででこの1回だけです。でもなぜか不安は全くありませんでした。

大山さんがすごいのは、
■ その人が無理なく着こなせるコーディネートをしてくれる。
■ 予算にきっちりあわせてくれる。
■ 今後自分で自分にあったファッションを身につけるためのアドバイスもくれる。
■ 潜在的に持っている願望やコンプレックスを会話の中でうまく引き出してくれる。

「あ、俺こういう服、無理なく着られたんだ!」「そうそう、こんな格好したかったんだよ-」と、思わず口にすることがとても多い一日でした。今後もコーディネートよろしくお願いいたします。

福田様 / 50代・ピアニスト


今回で大山さんに依頼するのは3回目になりました。最初にお願いしました時は、「私でも着られる服はあるのかしら・・・」と漠然とした不安を持っていました。

元々、親もファッションには疎く、ほとんど関心がない中で育ち、学生時代もピアノをさらうのに忙しく(それも、言い訳ですが 笑)学生の頃に既に洋服には苦手意識を持っていました。

たまに雑誌を見ても、それを自分が着るとしたらどうすれば良いかもわからず、ただ店で単体を見て、良いかなぁと思ったのを買ってみたものの、何と合わせて良いかもわからず・・・。みんな、どうして上手にコーディネイトが出来ているのだろうなと長年謎でした。

仕事がら、コンサートホールへ行ったり、高そうなレストランへ行ったりするのに、とりあえずマックス・マーラあたりを買って着ていけば何とかなるかと思っていましたが、予算的にそんなにしょっちゅう手も出せませんし、また、普段着としても着られませんので困っていました。

結局、仕事にも使う黒の服の中に、白のインナーを合わせる着こなしがユニフォーム化にしていました。

数年前に外反母趾をひどくした時にパンプスが履けなくなり、スニーカーもパトリックのシュリーしか合わなくなり、手持ちの洋服とも合わなくなりました。また歳も50台になり、今まで着ていた服と顔に繋がりを感じるのが難しくなり、一度、プロの方に教えていただく手もあるのかもしれないとネットで探しました。

当初よりあまり作りこんだり、甘い感じになるのは避けたかったので、いくつかサイトを見た後に大山さんのサイトを拝見しまして、何かを感じ、連絡しました。

多分、仕事に着られて、悪目立ちせず、センスがあって落ち着いた感じがお願い出来るかと思ったのだと思います。また私が女性なので女性目線よりは男性からの目線でバランスを取りたかったのも大きかったのかもしれません。

そんなこんなで初回までに決心して、雑誌もいろいろ見て伺いましたが、初回はなかなか目が慣れない、とお店で強く感じました(苦笑) ただ、ハンガーに掛かっている状態と試着してみると感じが変わるのは発見でした。大山さんも初回は大変だったかもしれません(笑)

決心したものの、店内では今まで似合わない惨めな状態がフラッシュバックするのに耐えてお店にいた様な状況でした。でも大山さんもあまり大きく攻め込みすぎる事なく、いろいろご提案してくださり、本当にありがたかったです。あたたかいお人柄も感じ、安心しました。

初回の買い物のグリーンのカーディガンは私にとっては大きな前進でした。また購入はしなかったものの、試着だけしたアイテムも記憶に残っておりますので、それも後からジワジワと染み込んできますね。

後日、購入した服を着て人に会った時に相手の目に一瞬、輝きといいますか、洋服に対しての好意の目を感じたのも後押しされ、段々と「大丈夫そう」と安心していった感じでした。実際、グリーンのカーディガンもサルティのストールも身につけた方が良く感じ、そのあたりはやはりプロの方の仕事なんだと感じました。

またグリーン車を降りる時にお洒落な年配の男性に『素敵な色(カーディガン)ですね』と声を掛けられるハプニングもあったりしましたね(びっくりしましたが嬉しかったです) 似合う服を着ていると周りの方も良い居心地になるんだなぁとしみじみ感じています。

それから後に、雑誌やお洋服のサイトを見る回数も増えました。次の大山さんのご提案の時に頭がついていく為の予習だと思っています。考えてみれば、お洋服に触れる時関数も今までは圧倒的に一般の方より少なかったんだろうとも感じました。

洋服が不得意だからプロに頼むのなんておそれ多いとも思いますが、やはり苦手意識が強い人はプロの手を借りてしまった方が断然良いですね。私の様な頑固なコンプレックス持ちで試着時は難色を示していても、時間と共に一度袖を通した服の感覚は化学変化をもたらすのだと思います。

これからも店では、うだうだと抵抗するとは思いますが(汗) 種蒔きの部分もあるとお考えいただき、少しずつ冒険させていただければと存じます。

また、そのあたりを絶妙なさじ加減で、一般人を引っ張っていただけるスタイリストさんって少ないと思います。サイトで大山さんにたどり着けて本当にラッキーでした。

気がつけば雑誌や洋服のサイトを見るのが苦痛から楽しみになり、先日のお買い物では初回とは比べ物にならない位、新たな挑戦にワクワクしてのぞみました。そんな状態になれた事に驚きつつ本当に感謝しております。この冬は早く寒くなる事が待ち遠しいです。

大藪様 / 60代・経営者

大山さんのサービスは、期待を大きく上回るものでした。毎朝どのような組み合わせで出かけようかと考えるのが楽しみな日々を送っています。周りからいい意味で「いつもオシャレですね」と言ってもらえるようになりました。

大山さんにはファッションコーディネートのいろはから、ショッピングまで指導いただきました。今までは、ファッションの好奇心はなく、洋服に投資する気もなく、古い服ばかりを着ていました。

この生まれ変わりに至った背景は、
・仕事を始めた。営業の際にプレゼンの機会があり、見劣りしないようにする必要性が出た。
・以前から、家内に「お父さん、かっこわるい服は、娘に嫌われるよ」と小言を頂いていた。
・カジュアルは、ジーンズにポロシャツ。またビジネスウェアも10年以上新調していなかった。

そんなときに、たまたま認知症専門医であり講演も多い長谷川嘉哉さんのラジオの中で、「講演の成功は、Looksが50%、Voiceが40%で、中身は10%」という話があり、驚きました。

長谷川さんは、スタイリストさんと年間契約しているという話が、その結論でした。このタイミングが絶妙で、「プレゼンを成功させるために、服に投資しよう」と、さっそくWebでスタイリストを探しました。

その中でも、ホームページで一番値段とサービス内容が分かりやすい大山さんに問い合わせをしました。サービスを受けて2年後の今、評価すると投資以上の効果は十分ありました。

生まれ変わったこと Before


■ 今までは、ビジネスウェアは近くのデパートで、店の言われるまま買っていた
■ カジュアルウェアは、2-30年前から同じものを着続けていた
■ 紹介いただいたお店は聞いたことが無かった

生まれ変わったこと After


■ 生まれて初めてチーフを着用
■ 小柄なので、自分に合うサイズを知り、そのサイズがある店を知った
■ 何時でも相談できる強い味方(大山さん)がいてくれて、色・生地を適切にアドバイスしてくれる
■ 一人で新しい服を買うことが楽しくなり、外出時には同年代の男性の着こなしを観察するように
■ ぴったりフィットした服なので、ポケットに何も入れず、姿勢も良くなった

いただいたご指摘


■ 多くの服のサイズが大きめになっている
■ 半袖のシャツは控え、長袖のシャツを袖まくりする

気に入った言葉


■ ご自身で衣服を選べるようになって頂くことがゴールです
■ どのようなショップで買い物をすればいいのか。選ぶ際の基準は何かをお伝えします
■ スーツスタイルから、少しカジュアルダウンした装いまで、ビジネスに特化した形でご提案させて頂きますのでご安心ください。
■ これから1年~1.5年を掛けて、クローゼットの中を総入れ替えをしていくような感覚です。

発見


■ お店はあるものを売る。着る目的を確認したり、私に合ったサイズ・色などは親身でない
■ 捨てることは楽しい。古いサイズの大きい服は全て捨てました。クローゼットが本当にすっきり!
■ ジャケットとパンツの柄・生地と色の合わせ方、ネクタイの結び方、ベルトと靴のバランス、など今更ながら学ぶことの多さ

「スタイリストを使っている」と言うのも恥ずかしく、家族以外には明かしていませんが、数人からは「おしゃれですね」「外資系のコンサルタントみたい!」などの評価を頂き、嬉しく思っています。

お陰様で、大企業向けセミナーも、10社と継続的に契約でき、セミナーも6回終え、好評で順調に進んでいます。同年代の知り合いが、老けて、ださく見える時は、「もったいないなぁ」「大山さんを紹介してあげようか?」と思うこともあるこの頃です。

高橋さま / 山口県・40代

自分を変えようという思いから、自分に合った服装について興味を持ち始め、ある女性のコーディネーターに服を提案してもらった経験があります。しかし、急に色物の服が多くなり、初めの頃は着ていたのですが、次第に違和感を感じ始め着ることも少なくなりました。

ブランドものの高級な洋服が多かったので、もったいないことをしたなと後悔するようになりました。

もう服装で自分を変えてみようなんて考えることもやめようかなと思いながらも、自分らしい服装について興味がなくなったわけではなく、飽きもせずネットで探していました。

そんな時に偶然に大山さんのことを知りました。HPを見て直感で思いきってメールしてみることにしました。メールで質問をしていく内に、まず丁寧な対応に安心感を持ちました。

ファッションのコーディネートを行う会社は探せば結構ありましたが、「業者」のような感じがしなく、親身になって考えてくれていることが伝わってきて、この人なら大丈夫だと直感的に思いました。

僕は大阪で会うことを希望したので、スケジュールを調整して大阪まで来てもらいました。最初はじっくりと話しを聞いてくれ、その丁寧な対応にもプロフェッショナルな姿勢を感じました。さらに驚いたのは、当日のために事前に大阪のショップをしっかりと下調べしてくれていたことです。

だから、限られた時間で効率よくショップを回って服を決めていくことができたのです。大山さんのセンスが僕は気に入っています。

「これが自分に合うの?」というような、ちょっと変わったコーディネートではなく、ごく普通の、それでいてハイセンスな(ちょっとぴったりな言葉が見つかりませんが)、安心して自信を持って歩けるようなファッションを提案してくれることです。

友人からも、「最近センスいいね」と言われたことが増え、こんな風に言われたことは今まで無かったので上機嫌になりました。そうすると、自然とセルフイメージも上がり、仕事でもプライベートでも自信を持って人と接することができるようにもなりました。今では「たかが服装されど服装だな」と思っています。

松原様 / 40代・コンサルタント

about-matubara

本音は、外見じゃなくて中身で判断して欲しい気持ちも強いのですが、現実問題として、初対面で自分を分かってもらうためには、自分の中身を上手に表現することが大切だということが分かりました。

その意味では,単に「こうなりたい」という自分の希望を伝えるだけではなく、どう見られるのがベストなのか,第三者として考察してもらうことも必要です。事前のヒアリングに時間をかけて頂いたことはとても良かったと思います。

単に、カッコ良くなろう、ではなく、自己ブランディングをする上でどんな外見がふさわしいのか。そこを見極めて,コーディネートしてくれる所に大山さんの強みがあるのでしょうね。今後はせっかく外見が上々になったのでそれを活かして、営業活動をしていきたいと思います。

今中様 / 40代・社労士

今回の依頼内容は、私のクローゼット内の服を見ていただき、必要に応じて試着した上で、思い切って処分した方がよいもの、お直した方がよいものそのまま着てOKのものを判定して仕分けしていただくという内容でした。

おそらく既存服の大部分が処分になるであろうと予想していました。わざわざ診断する必要はないのではないかと思われるかもしれません。

でも、私にはどうしても依頼していただきたい理由がありました。この依頼を通して、今の自分に足りない服を知り、より自分に合った服を見定めた上で、今後買う品に優先順位をつけるのに役立つと考えたからです。

大山さんの仕事は、きわめて手際が良く、ほとんどのお品を3秒以内に仕分け、判定していきます。

判定基準が明確なので、こちらもほとんど迷わずに進めることができました。結果、予想した通り、クローゼットの半分以上が空になりました。クローゼット診断の本領を発揮するのは、ここからでした。

生き残ったお品から、自分に合った服や小物を一通り揃えるのに、何が足りないのかを、必要数、種類、色、ショップなど具体的に提案していただけることです。

この提案は、今後の買物の指針ともなるべきもので、このプロセスなくして、買物同行したとしても、今後につながるかどうかという観点からは、その効果は半減するといってよいと思っています。これは実際に体験しないと実感が湧かないかもしれないませんが。

これだけ大量に服を処分して、新たに服や小物を揃えるということは、生活に密着はしているものの、一生に一度あるかないかのある種の革命であると思っています。

杉山様 / 50代・公務員

私は、若い頃はほとんど服装に無頓着だったのですが,ある程度歳をとってくると、「おじさんくさくみられたくない」と思うようになり、服装に気を遣うようになりました。

…しかし、いったいどんな服を買っていいのかまったくわからない。変に若者っぽい服装になってしまったり、高い服を買っても全く似合わなかったり、ずいぶんお金を無駄にしてきました。

「これはプロに依頼した方が安くつくのではないか」と思い、他社に依頼したこともありましたが、そこでは高額なオーダーメイドをすすめられ、しかも自分のイメージとは違うコーディネイトをすすめられたりで、まったく満足のいくサービスをうけられませんでした。

途方に暮れていたところで、大山さんのウェブページを見つけ、以前失敗した他社とは違う雰囲気を感じ、思い切って依頼してみました。

とはいえ、一度失敗しているので、お会いするまで不安もあったのですがそれは杞憂でした。

大山さんに案内された店はどこもベーシックな服が並んいて、とても勉強になりました。しかも事前にメールでお知らせした情報を元に、私の体型や好みに近いものをあらかじめ下調べしておいてくれたので、とても満足のいく買い物が出来ました。

他社のサービスでは、私の好みはほとんどうけいれられず、「ファッションのセオリー」通りのコーディネイトを押しつけられた感じがしましたが、大山さんの場合は私の好みに合わせて柔軟なコーディネイトを考えてくれました。

また、その後メールでいろいろと無料で質問に答えて下さったりで、今後は自分で買い物が出来るようにいろいろとサポートして下さっています。

これなら無駄な買い物をすることもなく,確実にサービス料の元は取れそうだなと思いました。

最近では,職場や友人たちから、「おしゃれでセンスがいい」と言われていて,服装を着こなすことが楽しくなってきています。いい投資をしたと思っています。

飯村さま / 30代・マーケティング職

大山さん先日は、ありがとうございました。大山さんと一緒に周っていただいたおかげで、これまでの自分なら絶対に選ぶことがなかった、けども、やってみたかったスタイルの服をゲットすることができました。本当にありがとうございました。

ただ単に、コーディネイトしてもらうだけでなく、一緒にお店を回りながら自分自身でも気づかなかった、服装の好みや傾向を客観的に分析してもらいつつ、一方的にスタイルを押し付けることなく、自分の好みにあった、だけど、これまでには選ばなかったであろうハイセンスな組み合わせに出会わせてくれました。

これまで、ファッションは、自分の"感覚"が大事!と考えていましたが、そればかりのファッションではなく、やはり、大山さんのようなコーディーネーターさん(もちろんセンスの良い)に客観的に観てもらって、アドバイスをもらうことは価値のあることだと思いました。

本当に大満足でした。あと、大山さんもすごく人柄の良い人やな~って思ったので、知り合いもガンガン紹介したいと思いました。

ただ、あまり東京には知り合いがいないので関西に来られる際は、ぜひ、教えてください。これからもよろしくお願いします!

安藤さま / 大学職員・30代

30歳を目前にしてコンプレックスを持っていたファッション面にチャレンジしたいと考えていました。

それで色々な雑誌に目を通してみましたが、ハードルが高い上に今の自分の年代になにが合うのかわかりません。そんなときに出会ったのが大山さんのウェブページでした。 

伺った当初は非常に緊張したのですが、大山さんの親しみ易い対応と、これがよい・これはダメというはっきりした意見からとても安心して買い物を行うことができました。

買い物を間違えないためのポイントや、各店舗でもこの一角のアイテムはココだけみればいいよ、という視点がシンプルで分かり易く、これなら自分でも迷わず気に出来そうだと感じました。

買い物を通じて面白かったのが、サイズ感と色でした。同じジャケットでも1つサイズが違うだけで印象が全く変わります。

そして普段選ばないような色であっても意外とマッチしてこれまでの違う印象を与えてくれました。

こういった感覚を覚えられたのは、とにかくなんでも試着してみたからでしょうね。見ると着るでは全然違いました。

今回の買い物はこれからのファッションのスタートだと感じます。プロの方にお願いしたからこそ、立てたスタートだと思います。これを受けてこれからの自分がどんな服を選んでいくのか楽しみです。
五十嵐様 / 30代・不動産業

テレビなどで、個人向けのスタイリストがいるということを知り、ネットで調べていましたら大山さんのページを見つけました。

大山さんのブログ等を拝見したことと、去年から始めたジョギングで随分と体型もスリムになったこともあり、この際なので、服装も変えようと思っておりました。

お互いにジョギングをすることと、NHKの朝の連ドラ好きと言う事で、すぐ打ち解けることが出来ました。メガネから始まり、服装全般、そして髪型までお付き合い頂きました。

そして、最後に自分の姿を見て天地がひっくりかえるかと思うほどと言っては大げさでしょうか、予想以上でしたので大変満足しております。自分でも「磨けば光る」んだな、と痛感しました。変わった姿を知り合いに見てもらうと皆、とても驚いておりました。

大山さんとお話しして「磨けば光る」方がたくさんいらっしゃるのに「下向き・内向き・後ろ向き」の方が不景気が長く続いたせいか、たくさんいらっしゃると思います。一日とある程度の費用を使って「自分を磨く」ことをすれば今まで自信なさげで猫背の人が胸を張って、肩で風を切る人に変身できると思います。

人は中身こそが大事だという方もいるでしょう。全くその通りだと思います。中身を変えていくには日々の努力が必要です。しかし、外見は一日で変わりますし、変わったら、中身を変えていこうとする強烈なインセンティブとなると思います。

その出発点が大山さんとの出会いで変わると思います。そして、こうして変わってもこれを維持していかねば「真夏の打ち上げ花火」と同じで一瞬の煌きで終わりかねません。その点、この変化を維持していく為にもメールにてご相談出来ると言う事はとても心強い限りです。

お申し込みはこちらから


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

サービスプラン
 1dayプラン 専属スタイリストプラン 取材・その他

お問い合せ内容 (必須)

送信内容に間違いがなければ、下記の送信ボタンを押してください。